top of page

ファストトラックが成田空港でも運用開始!

みなさん、こんにちは!

Assist14スタッフレポートにお越しくださりありがとうございます!


日本の水際対策は初期と比較するとかなり緩和されており、帰国者の負担が大幅に減っています。


例えば、あらゆる書類を携行し各ブースで必要なものを提出しなくてはなりませんでした。

荷物もあるし、パスポートもすぐに出せるようにしておかなくてはいけない…

沢山抱えなくてはいけませんでした。



そこで現在適用されているのが…!


ファストトラック

これは入国時の検疫手続きの一部を事前登録することで、空港内での一部手順を省くというものです。



2022年3月1日から羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港で試行運用が行われていました。

3月9日からは4空港に加えて、成田国際空港でも利用可能となりました。


具体的には…

Before

基本的な重要書類については紙での提出を降機後の各ブースで求められていました。


After

事前にダウンロードしてするアプリ(MySOS)で質問票、誓約書、ワクチン接種証明書、検査証明書の登録を行うことができます。



厚生労働省発表のファストトラックの使用方法はこちらから!

↓↓↓

https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/



詳細(外務省発表)


是非、ファストトラックを活用してスムーズなご帰国にしてください!


閲覧数:1,560回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page